日本国内に存在する一般的に不動産会社と呼ばれている会社には、大きく分けて二つの種類が存在します。一つは、不動産の仲介をしている仲介業者です。不動産の売買をするときには、まずオーナーから不動産を預かっている会社を見つけて不動産のオーナーを仲介してもらう必要があるのです。そのため、不動産会社はオーナーとその不動産を購入する人を仲介する役目を背負っています。

そして、もう一つの不動産会社は預けられた不動産を管理、運営することに特化した不動産会社なのです。こうした不動産会社は、オーナーから委託を受けて不動産を管理しているため実質的な不動産の権利者ということになります。一戸建てに関しても同じで、一戸建てに関して何らかの疑問を聞きたいときにはオーナーではなくこの不動産会社にまずは連絡をしなくてはいけません。そして、仲介業者を利用して様々な一戸建ての仲介をしてもらうときには仲介手数料というお金を支払わなくてはいけないのです。

しかし、このお金を支払わなくても良い手段がいくつか存在するのです。その中でも最も簡単な方法は、一戸建てをオーナーから預かっているわけではなく自身で運営している会社を探せばよいのです。確かに、ほとんどの不動産会社は第三者から物件を預かっているのですが、中には自身で不動産を仕入れて販売している会社もあります。このような会社を利用して一戸建てを購入すれば、仲介をしてお金を払う必要が無くなるため格安で良い物件を買うことが出来るのです。

窓の視線対策のことならこちら