窓が少しでも長く使えるように老朽化に備えたいのであれば、劣化要因を把握した上での対策をおすすめします。窓の劣化は結露によるカビの発生と、カビがパッキンを劣化させることで性能が低下するのが主な問題です。つまり対策としては結露をいかに発生させないかが重要で、結露の原因となる温度差を小さくすることが有効です。結露は断熱性の低い窓に生じやすい傾向ですから、ガラスとサッシを交換する対策が望ましいですが、断熱材を内側に貼るという方法でも対処可能です。

それから室温を外気温に近づけるのも有効ではありますが、冬に寒さを我慢するのは健康に良くありませんし、風邪を引いて医療費が掛かれば本末転倒ですから、冬が本格化する前にできる対策を済ませるのが正解です。窓は丁寧に扱っていても経年でレールに歪みが生じたり、隙間ができて開閉がスムーズにできなくなるといった不満が出てきます。どちらも住宅が設計、建築される段階で想定されるものなので、大抵の住宅メーカーや工務店は保証を設けて対応しています。リフォームの目安といわれる15年が過ぎると、流石に建物の至るところにがたつきが見られるようになります。

当然ながら窓も例外ではありませんし、放置をすれば他の部分にも影響が及び、更なるがたつきが引き起こされるので要注意です。対策は日頃から定期的に状態をチェックすること、変化や違和感を覚えたらなるべく早くプロに相談して確認してもらい、必要に応じてメンテナンスをしてもらうのがベストだと思われます。